FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンクパーツでオリメカを創るシリーズです

1/72スケールでオリメカを創るのが趣味なアタクシなんですが、年末年始で一機できました。

設定としては、宇宙怪獣と戦う宇宙海兵隊三式機動歩兵という感じ。

モデラーズギャラリー掲載分


Facebookの方には制作過程を記録した写真アルバムを掲載しています。
宇宙海兵隊三式機動歩兵Facebookアルバム

オリジナルメカ創作というのは、既存の数多ある格好良い商業メカに飽きたらず、オレならこういうのがいいぜ!魂を全開にしたエゴの結晶なんですが、往々にして「◯◯みたいで格好良いですね!」と、褒められるにしても、既存のイメージから抜け出ることが出来ずに悶々とし続けて一生を終わるという、とっても修行のような性癖なんですよね。

でも、なんだかやめられないんです。

楽しくて。

作り方は、今回はスケールモデルや各種キャラクターモデルのジャンクパーツをパズルのように組み上げていく方法をメインに仕上げています。いわゆるミキシングビルドというものです。

自作で造形していく場合は、プラ板、プラ棒、プラパイプを主軸に進めていきます。
ダイソーの編み棒とかは精度の高い太めのパイプの代わりにつかえるので重宝しています。

この両方の技術を使うと、それなりに格好良い(当社比)立体像が出来上がるんですが、既存パーツを使いすぎると、その配置にも寄るんですが、どうしても、もとのパーツの形状に引っ張られたり、うまくいったとしても、「自分が考えた面構成」じゃないこともあって、プロダクトデザイナー諸氏の知恵を振り絞ったデザインをお借りしている感が強めに出てしまうので、そのシルエット全体が、なんとなく斬新にみえても、部位をみれば、それはオリジナリティ溢れるものなのか?という自問自答のせめぎあいはあるんですよね。

そのへんが、悩ましくも有り、楽しいところだったりします。

こういうオリメカを一個つくると、その反動で市販のキットを普通に丁寧に作ってみたくなるんですよね。
動かす手は同じなんですが、使う脳がぜんぜん違うので、それはそれで気分転換というか切り替えになったりするのが、また面白いところです。

塗装は、人型戦車というイメージなので、戦車っぽい塗装に挑戦してみました。
その辺りの手順は、ざっくりですが、上記のFacebookのアルバムに掲載しています。

立体ものって、手に取れるから良いですよね。
角度を変えて眺めることもできますし。

というわけで、立体のオリメカを作ってオリメカ充したので、そろそろ、
自企画の音声劇「超鬼兵ジーヴァイド」
http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/zv/
超鬼兵ジーヴァイドWEB

をグイグイ進めていきたいなと思うわけです。

ビジュアルが見えない音声劇でのロボットアクションもお楽しみ頂けたら嬉しいです。

スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RMR広報
ご来訪者様
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。