FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RMR的オーディオドラマの作り方・箱書き編

RMR的オーディオドラマの作り方、第8弾は、「箱書き編」です。

いきなり脚本を書けちゃうミラクル超人の方は別にしても、普通は、物語をつくろうと思ったら、どういう構成がおもしろカッコよくて感動できるか、について考えると思います。

脚本術の書籍には、脚本=シナリオを書くための手法が様々書かれています。

1.書きたいテーマがある! → 企画書を書いてみよう!
2.ストーリーを思いついた! → それをどういう手順でつなげるのが効果的なのか?つまり、構成。
3.その構成は理にかなった順番か? → シノプシスでチェック!

本当はもっと細かく分類されていて、システマチックに制作していくのが常だと思います。
とりあえず、ザックリと。という感じで。

2と3を繰り返す作業が、一番楽しくも悩ましい悶絶どころなわけですが、この、物語の流れを作る「構成」を考えるときに、超役立つツールが現れました!

さすが21世紀!

それは、linoというアプリです。
http://ja.linoit.com/

ツイッターのTLで知ったのですが、これは、バーチャルなコルクボードを常に携帯して、そこに気が付いたらドカドカと付箋を貼っていく、というものです。

linoのキャンバスは、ブラウザ上に存在していて、デスクトップに直接付箋を貼るというコンセプトではないところが味噌!

いろんな付箋ソフトは、これまでも存在していたのですが、このlinoの何が良いかと言うと、シナリオの構成を組み立てる箱書き作業にハイパー役立つということであります!

ツイッターやFacebook等のアカウントを持っていれば、そのまま使えますし、専用のIDを作ることもできます。

最近はやりのオンライン共有が出来るのは、移動が多い方には重宝します。

Windows、Android、iPhone/iPadで使えます。もちろん、連携できるわけです。

付箋を貼ったキャンバス(コルクボード以外にもいろいろ選べます。オリジナル壁紙も可)は、自分だけの情報整理にも使えますし、第三者と共有することもできまます。

共有範囲は、限定できないようですので、みんなに見せるか(見せる場合に、付箋を貼る権も設定できます)見せないかを設定する格好です。一度設定した内容は、任意のタイミングで変更できます。
訂正!グループ機能というものがあって、管理者が招待したメールアドレスのユーザーのみで共有ですることが出来ます!

ここでは、これから制作する物語の内容を組み立てる作業ですから、どんなに自分大好きなわたしでも、ここは秘密にしておきたい!ということで非公開でキャンバスを設定。

この物語の流れ=ストーリーを組み上げる作業を「箱書き」と言ったりします。

アナログ作法として極めて優れた創作法です。

メモ紙に書いた内容を、順番を入れ替えてみたり、メモ紙を足したり、省いてみたり。

ブレーンストーミングをしながら、ストーリーを構成する順番を、あれやこれやと入れ替えていくわけです。

これをやると、ストーリーの起伏とか、伏線とか、冗長な部分とか、もう、いろんなことがわかります。

このアプリを発見する(つい数日前)までは、テキストエディターで、各場面のアイディアを書いて、それを追記修正して、疑似的に箱書きをやっていたのですが、なにせ、テキストエディターの場合、縦にしか情報を配列できないのと、PCの画面がどんなに大きくなったところで、ストーリーの全体感をパッと見で理解するのが難しいです。

しかも、自分で脚本を書かない場合、それを脚本家さんに説明しないといかんわけです。

そのために、結局、別な制作メモを作成したり。

それはそれで、構成のチェックの機械にもなるので、良い面もあるわけですけれど。

で、このlinoは、それを一気に解決してくれるのです。

まだ使い始めて日が浅いので、使いこなせていないかもですが、実際に、どんな感じで使っているのかをお見せする意味で、パソコンの画面をキャプチャーしてみました。

lino

秘密の制作内容なので、ぼかしてあります。ご了承のほどを。

linoの表示をフルスクリーン状態にしてあります。

付箋のと文字は10色から選択できます。
文字サイズは5段階。

付箋の大きさは任意で自由。
場所の移動は付箋をドラッグすればそれについてきます。

重なりあった付箋は、そのどれかをshiftキーを押しながらドラッグすると、一緒に動きます。

この機能を利用するために、シーンを構成する要素の付箋は、ちょっとだけ重ねておきます。

付箋の回転もできます。
固定するには、付箋の上部中央にマウスを持って行くとピンのアイコンが出ます。それを右クリックで付箋を固定できます。

付箋は貼って、テキストを入力したと同時に自動で保存されますから、いちいち保存という動作は必要ありません。

貼った付箋の色や文字の色、大きさ、場所等はいつでも変えられます。

別なキャンバスにワンタッチで(実際はツーステップですが)でコピーできます。

画面の右下には、複数のキャンバスを選択できる選択バーが出ています。

画面の左下には、キャンバスのロケーションを表示するモニターがあります。

ロケーションモニターの中の枠線は、ディスプレイ上の表示領域を示していて、それを動かすと、ディスプレイに表示されたキャンバスも動きます。

わたしのパソコンは1920×1080pxの解像度ですが、linoのキャンバスの大きさは、その2倍弱はある感じです。

上記の画像でいうと、色分けはこんな感じです。

・オレンジ:プロットそのもの
・水色:設定関係のアイディア
・ピンク:物語の見せ場の一つであるメカシーン
 (RMRは、ロボットものなので、脚本上で登場するバランスを確認します)
・ライトグレー:台詞案

他にもこれから増やすかもしれませんが、とりあえず。

台詞案は、分かりやすいように斜めにしています。

パソコンの画面で一望するのが、主な目的でもあるため、カット(シーンをさらに細切れにしたもの)単位で、それを縦に並べて、それを1シーンにカウントするようにレイアウトしてみました。

カットの集合体、1シーンは概ね3分弱。

シーンチェンジで2列目。以降も同様にどんどん貼って行きます。

赤枠と青枠で分けたのは、尺(物語の長さ。総延長時間)の上でのバランを観るために、便宜上こういう風にわけていますという表示です。実際の画面上にはありません。

ですので、この画像の観方としては、

赤枠部分:前半。7シーン。20分強。

青枠部分:後半。制作中。

赤枠内と青枠内を加算して、合計40分強のストーリー。

ということになります。

まだ練り上げている最中ですので、シーン数は増えると思います。
一付箋3分というカウントも、まだ暫定の考え方のため、もっと細かくなるか、もしくは、さらに大枠になるかもしれません。

ただ、あまり多すぎても、場面展開の要素が多いということにもなり、オーディオドラマとしてお聴き頂くときに分かりづらくなりますから、その意味でも一目瞭然というのは、とっても良いわけです。

しかも、パソコンのディスプレイに一つのソフトしか起動できないという時代ではありません!

パソコンのスペックが許す限り、いろんなソフトを起動できます。

そこで、こうします。

lino2

linoの上に、テキストエディターを表示させます。

使っているのは、VerticalEditor。
縦書きでシナリオモードというありがたい機能がついたフリーソフトです。
400字詰めの原稿用紙モードにしています。

1ページで約1分尺、というおおよその目安にもなるので、原稿用紙モードはありがたいです。

lino自体はオンライン上にデータがあるので、ネット環境とブラウザ(スマホやタブレットだとアプリでOK)があれば、どこでも開けます。

VerticalEditorで書いているシナリオ案は、パソコンのローカルではなく、Dropboxから直接引いています。

いざというときのために(わたしは)2分間隔で自動保存。
更に万が一のときのために、少しでも加筆修正があったら、ctrl+s でセーブ!
これ鉄則!

linoのプロットを見ながら、実際の台詞等の案を考えてVerticalEditorで整理。

これ、結構完璧なパーフェクト!

本当に便利です。

ツールとしては完璧ですが、それで物語が面白くなるかは別問題で、そこは、知恵と勇気!的な。

linoに課題があるとすれば、オンライン上のアプリなので、オフラインでは使えないこと。

そして、linoのサービスがメンテナンス中は(頻度は多くないみたいです)使えないこと。

そしてなにより、このサービスがいろんな事情で終了してしまうと、一生懸命考えたアイディアが文字通り消えてなくなってしまうこと。

ということでしょうか。

それを気にし出したら、あらゆるサービスは享受できないでしょ!
という方、ぜひお勧めです!
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RMR広報
ご来訪者様
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。