FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポメラDM100を買ってみた

キングジムのデジタル文具、ポメラDM100を買いました。

DM10を使っていましたが、折り畳み式キーボードがキレイに畳めなくなってしまいまして。

DM20という選択肢もあったのですが、
バックライトがないことで不便感もあり、どうせ買うならということで。

DM100がどれくらい素晴らしいかについては、
amazon他のネットのレビューのとおりですので、
そういう記事は、そちらにお任せするとして、

 Bluetoothキーボードとして、Androidで使う

 ケースをお手軽にそろえる

という点で簡単にレビューしてみたいと思います。

最初は、価格面を考えると、ポメラを新規で買うのであれば、
いっそのこと安いノートパソコンを買えば、
ネットにつながるし便利だなとは思ったものの、
そこまでモバイル環境を要求していないことと、
自宅に帰ればハイスペックのデスクトップもありますし、
アンドロスマホも使っていますから、
更にもう一台、ネットにつながるツールは必要ないだろうなぁ~

という気もしていました。

ネットにつながるということは、セキュリティーソフトなどのガードが必要ですし、
何より、ネットにつながらないことでの圧倒的な作業効率は、
DM10で実感済みでしたから、結局、DM100に落ち着きました。

同時に、スマホ用にBluetoothキーボードも探していたのですが、
Android用のものは高価なものばかりで、
しかも、レビューを見たり量販店の詳しそうなお兄さんに訊いても、
まだコナレテいない未成熟分野ということで、
それは、諦めていました。

DM100は、iPhone用のBluetoothキーボードになるとあったので、
ためしに、アンドロスマホでもやってみました。

機種は、auのARROWS Z ISW11F です。

すぐに、バッチリとペアリングできて、テキストエディターでも簡単に入力できました。

※2012/12/05追記:OSを、Android2.3から4.0にアップデートしましたが、
 ちゃんと使えます。

ただ、キーのアサインがポメラと同一ではない部分もあり、
慣れるまでは、ちょっと大変かもしれません。

そうは言うモノの、レスポンスが遅いBluetoothキーボードの特性は、
やはり同じようでして、長文を打つのであれば、
ポメラで書いて、SDカードの挿抜でスマホ側にデータを渡す方が、
一見、非効率に思えても、ポメラの「テキストエディター」としての機能が活かせます。

スマホで長文を書くというシチュエーションもあまりないとは思うのですが。

ツイッターのように140文字以内で投稿するような場合に、
内容を吟味するときなどは向いていると思います。

モバイルツールとして使う場合、DM100とスマホがあると良いなと思った点は、
Bluetoothキーボードを使えるので、喫茶店やちょっとした事務スペースがあれば、
ネット経由で調べものをしたいときなどは、効果を発揮する点です。

ペアリングがすぐできますし、調べものが終わったらキーボードとしての機能を解除して、
ポメラはすぐに本来のテキストエディターに早変わり。
これはとっても重宝しそうです。

DM100をスマホ用キーボードに使うと、何が困るかと言うと、
長文を打っている最中に電話がかかってきてビックリする点でしょうか(笑)

タブレット端末ならそういうこともないので、良いかもですが、
テキストを打つだけなのに、バッテリーの残量を気にしなくてはいけない
というストレスから解放されるポメラは精神的効果が絶大です。

スマホとDM100の組み合わせは、
モバイル用のノートパソコンは欲しいけれど、
冷静に考えてみると、それほど利用頻度は多くない。
という方には、現時点での最適解なのではないでしょうか。

というわけで、スマホでの文字入力でお困りの方は、費用対効果の面から考えても、
Bluetoothキーボードではなく市販のタッチペンで充分のような気もします。
これはポメラを持っているから断言できてしまうことかもしれませんけれど。

余談ですが、伊藤園のTEAS' TEAのおまけでついていたタッチペンは、
重さも軽くて、なかなか使い勝手が良いです。

ポメラはデジタルメモという名のとおりですので、それ以外の機能を求めるというよりは、
ついている機能を有効に使う方が、しっくりくるかなという感じです。

ポメラで書いたデータを他のデバイスに転送する方法として、
Bluetooth転送機能が付いたわけですが、アンドロ端末では使えません。

自宅はWindowsマシンで、Bluetooth機能がありません。
ですが、DM10のときから、USB経由で連携していたので、
それでいいかな、という気がしています。

スマホにUSB経由で渡して、DropboxでPCに持っていく(またはその逆)でも出来ますし。

あとは、ケースをどうするかです。

純正ケースは、たしかにジャストフィットで良いのですが、ちょっとお高い。

なので、わたしは、ダイソーでB5のソフトケースを買いました。
ポメラケース

普通のB5ですと、ポメラの幅が収まりきらないため、「ワイド」というモノをチョイス。

B5版ですから、奥行きは充分足りています。というか余る。

余りますが、そこでDM100に付属しているUSBケーブルを入れておくスペースが確保されます。

USBケーブルとポメラ本体を、そのまま同梱すると、ポメラに傷がつく!とお嘆きのアナタ!

USBケーブルも、小型のソフトケースにいれれば、それで解決です。

ポメラ備品

DM100はSDカードを採用しているのですが、DM10を使っていましたので、
microSD変換ソケットと、USB miniBタイプ変換ケーブルがありましたから、
ポメラ⇔スマホのやりとりは、これで、とりあえず充分です。

いや、いや、テキストデータのQRコード変換機能があるじゃないですか!
それでDM100→スマホやタブレットの受け渡しは完璧。

他のマシン→DM100という機会もなきにしもあらずなので、
ケーブルや変換コネクタは、もっていれば更に安心というところでしょうか。

というわけで、ポメラDM100は、
Androidでも、それなりにちゃんとキーボードとして使えるという実証と、
ケースをどうするのか、というお話でした。

で。いざ、アンドロスマホ用のキーボードとして使うときに、
気にすると気になるという問題が発生します。

ポメラDM100の転倒です。

それを自前の格安スタンドで解決しよう!

という記事は、こちらです。
http://rmrblog.blog45.fc2.com/blog-entry-357.html

よろしければ、ご参考までに。

ではでは。
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


ソフトケースの何が良いかというと、
A4のクリアファイルが入る大きさのカバンに、
すっきりと収まるし、
ケースそのものはB5ですから、
DM100との差分の余り部分は、
折りたたんで収納できるのです。

あと、SDカード式になったことで、
自宅のパソコン間での挿抜が、
ミラクルに効率的になってます。

ソフトケースその後

結局、最近は、ソフトケースを使うのを止めました。

といいますのも、逆転の発想で、

ポメラ以外は、全部ソフトケースかクリアファイルに入れて、
それをカバンに入れる。

という方式に変えたのです。

そうすると、A4サイズの資料が入るバッグに、
きれいにDM100も、資料、筆記具、小物もまとまるわけです。

DM100もバッグから取り出してすぐ使えます。

DM100以外も、小分けで整理されているので、
バッグの中にシキリがなくても散らかりません。

DM100の天板の素材は、
ギャーギャー言うほど傷がつく素材でもないと感じているので、
いまのところ、この逆転ケース方式で行こうかなと思っています。

もっと美しい方法は、コストをかければ対応できるんですが、
100均レベルで命題を成立させようとすると、
大型ペットボトルのホルダーが代用できるようですが、
せっかく薄くなったDM100の良さを活かす方向だと、
現状、そのような形です。

それから、SDカードは、そのままではなく、
microSDをSDアダプターに入れて使用しています。
必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
Twitter
ご来訪者様
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。