上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイミクさんが、劇場版パトレイバーの新録版が良いよぉ~

という日記を書かれていて、

うはぁ~、台詞も音響も入れなおした版なんてあったのかぁ~ 不覚ぅ~

ということで、DVD買ますたぁ~

レーザーディスクで持っているので、それをVHSにダビングして、
何回も観てたんですよ。もちろん劇場にも行きましたし。

劇場公開当時のレイバーの駆動音がけっこう好きで、
RMR作品の「無頼戦艦」シリーズのロボットたちは、
なんとかパトレイバーの音に近づきたいなぁ~
ってことで、チャレンジしてるのですが、
やっぱり難しいです。

どうやってSEつけてるのか現場に行ってみたいですよ。ほんと。

なので、「超鬼兵ガルヴァイド」は、
ぶっちゃけ、ダンバインのオーラバトラーなガンダムOOですから、
普通のメカとは違う音のする「人型兵器」をやってみたくて、
お聴き頂いた方はお気づきになられたかもしれませんが、
デモンドールたちは、ああいう音になってるわけなんです。

ほいで、パトレイバーの新録版ですが、これが、また、さすが!

っていうか、さすがじゃなかったら新録した意味ないよなぁ~
って感じなんですけれども、
完全に意味アリ!な仕上がりなわけでして、
分かりやすい部分でいくと、
画面上の演出と音のPANの振り方のシンクロが凄かったであります。

演技そのものも、89年とはニュアンスが違っていて、98年の新録版は、
極端に言えばアニメアニメしている雰囲気が薄くなっている感じ。

効果音も新しい方は、すごく良くなってます。
元もよかったんですが、更に倍増という感じ。

音楽も新録なんですね。
サントラを持ってますが、たしかに違和感のないギリギリな線で、
ブラッシュアップした印象。

なんといっても、尺が99分。

短い。

短いけどギュッと詰まってる。

コクリコは91分なんすね。
星を追うこども、は116分。

二アリイコールの尺という意味では密度感はパトレイバーの方が断然上という印象。

で、もし、21世紀になった今、また、同じことをやったら、更に凄いよなぁ~と
思ったものの、もうオリジナルキャストでの再新録が出来なくなってしまったんだなぁ~
ということもよぎりましたねぇ。寂しいです。

なら逆に、もう歳月を重ねたら、キャスト総入れ替えでリマスター!
という手が使えるのもアニメという表現手法のおもしろいところだなぁ、とか。

まぁ、でも、創作屋にとって、過去の作品を、まるっきり同じスタイルで、
何度も繰り返すというのは、あんまり面白みがないというか、
そこに面白みを見出す人もいるとは思いますが、
そのエネルギーがあるなら、新作つくるよなぁ~
とも思ったり。

商業的な理由による強制力が大きければ話は別ですが、
やっぱり、人はネクストに進みたくなるもんだよなぁ~と。

ともかく、新録版を今のタイミングで観れてホントに良かったです!

新録版をプッシュする日記を書いていただいたマイミクさんに感謝です!

今は、「なんでもかんでも次回作に活かす月間」推進中なので、
丸々反映しても、ただのアホみたいなので、
エッセンスは拝借したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
Twitter
ご来訪者様
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。