FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎度のごとく、しょぼいネットラジオ。
「RMRの超電磁ジェットストリームアタック」
http://www.voiceblog.jp/rmr/1290291.html

第46回は「FM音源からSFっぽい効果音をつくってみる」です。

45回を録ったのが年始のごあいさつだったので、年末のごあいさつ的な感じで(汗)

RMRのボイスドラマではどんなふうにして効果音をつくっているのかを説明しています。

最初の音源から完成まで31工程を時系列で載せています。

とはいっても、どんな効果音をつくりたいかで、
編集ソフトのどんな機能を使うかが大きく変わってくるので、
実際にはあまり役には立たないのだとは思いますが、
一応、こんな風にやってます。ということで。

ひじょうに直観的に効果度合のパラメータを操作しているので、
きわめて手さぐり状態でして、
もう一度、同じ、操作をしてみてください、とか、
この音はどうやったのですか?とか、
質問されるとたいへんに困ってしまうのでありますが・・・

その辺は、本当は、技術的かつ理論的に、
ピッチがどうとか、変調周波数がどうとか、ディレイはあれで、
アタックだの、レシオだの、リリースタイムなどなど、
かなりデジタル化された世界ではあるのだと思うのですが、
ぜんぜんわかってないので、
もう少し、「音」について賢くなりたいというのが、
当面の課題、というか目標です。

作品を重ねるごとに、効果音の利用については欲が出てきて、
あの音も、この音も!と、いじくりこねまわして、作品に置いているのですが、
やっぱり、一番おもしろいのは、
役者さんの素晴らしい演技を思った通りに支えることができたときですね。

生のお芝居があってこその、効果音です。

お芝居に合わせて、効果音にも演技させるのは楽しいです。

でも、本当にここ一番!というときは、効果音を抜いちゃいます。
劇中音楽も、抑え目にして。

その逆に、効果音も劇中音楽も、台詞に合わせて音量をあげていくときもあるわけですが。

一度やってみたいのは、5秒くらい「無音」のシーンです。

音声劇なので、それでは伝わらないだろう、ということもあるので、
例えば、風の音を入れちゃったりするわけですが、
いつかは、取り入れてみたいです。

 主人公、じっとヒロインの目を見る

 ヒロイン。一粒の涙が頬を伝う

 主人公はその涙を指でそっとぬぐう

 夕陽をバックに抱き合う二人

のような感じを。

大事な時って、言葉が余計なときってあるんですよね。

効果音ばっかりで攻めているRMRのボイスドラマですが、
「無言」こそ大事にしたい。と思うのでした。

そんな、RMRの作品。
オリジナルロボットアクションボイスドラマ
「超鬼兵ガルヴァイド」は、現在12話まで公開中です。
http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/gualvide/gv_index.html

ただいま、最終話になる13話の微調整中。

「無頼戦艦ブルースファイア ガニメデの白鯨」も同じく無料配信中です。
http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/bl_carashoukai.html

よろしくお願いいたしますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
Twitter
ご来訪者様
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。