上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M3-2010秋(http://www.m3net.jp/)への
RMRhttp://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/)の参加が確定しました。
そこで頒布する作品のご紹介ということで、第4弾。

RMRが手がけたボイスドラマの4作目。
オリジナルSFロボットアクション
「無頼戦艦ガンシルビー2 プロスペルのゴースト」
を、チョイス!

***

作品サイト
プロスペルのゴースト
http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/gs2/

■作品について
初頒布は2007年10月8日のM3でした。

当初は前作の「ゼロガイン」で無頼戦艦シリーズ3部作!と銘打って、
一応のピリオドとする予定でした。

ゼロガインでのラストシーンでの仕掛けも、
そういうつもりで書きました。

「ゼロガイン」の初頒布が2006年12月31日、コミケ70にて頒布。

すぐあとの2007年01月29日に
「シルビーPART2」のキャラデザインを第一案を起こしています。

たぶん、ことの起こりは、
天王寺★左京さんに会うたびに「今度は作品に出してくださいよ!」
と言われていたことに起因しています。

左京さんとは「ブルースファイア」の制作のときに
音劇ヴォイス・アームズでお世話になってからの縁で、
「ブルース~」の録音監督をやってもらっていたのですが、
そう言えばうちの作品には一言も出演してないなぁ~
とは思ってました。

一方で、この人はぜひ使ってみたい!の中の一人として、
志筑みつるさんがいました。

いろんな作品を聴いていましたが、
彼女を作品に閉じ込めたい
という欲がありました。

現実的には、ゼロガインを年末に作り終えた時点で、
翌年の秋のM3に間に合わせよう。
というスケジュール的な面もありました。

ゼロガイン終了から10ヵ月後に新作を出すという日程を考えたときに、
RMRの制作スタイルだと、
・主題歌制作
・劇中音楽制作
・デザインワークス
という内容をかんがみると、
特に音楽面では、完全新規で書き下ろしていると間に合わない。
秋のM3は難しい。
これを実現するには時間が足りないと思いました。

そこで閃いたのは、
三部作のうちのいずれかの続編を制作するということでした。

「ブルース」、「ゼロガイン」、「シルビー」のうち、
続編が作れるのはどれか。

それら3作品の結末を考慮すると、
「ガンシルビーPART2」しかないなと思い至ります。

シルビーなら、いろんな事件にぶつかって成長していけるはず。
という確信がありました。

シルビー役の杉宮加奈さんの実力が決定打となります。

コンセプトとしては、ガンシルビー1が劇場公開作品で、
ガンシルビー2は、テレビシリーズとなった中から、
ひとつのエピソードを切り出す。という考え方で作ることにしました。

主人公シルビーの紹介は「1」で終わっているので、
ゲストキャラの物語が主軸になっていきます。

そこで、2007年の年明けから企画作業に着手。

1月のキャラデザ作業に移ります。
キャラデザは自分が担当。
脚本は菅谷陽星で決定。

1月19日に主役の杉宮さんにオファー。
ガンシルビー2の事実上のキックオフです。
1月20日過ぎにED曲を後藤ハルキさんが歌っていた
「dreamtale」を使わせてくださいと依頼しています。
RMRとしては初めて既存曲を主題歌に添えるという試みです。

かなりの曲を探して聴きましたが、
「deamtale」ほどピッタリとはまった曲はなかったので、
速攻でお願いしました。

主題歌の「ガンシルビー バースト!」は続編といことで、
2コーラス目をTVサイズで新規にSENTIVEさんにMIXしていただくことで決定。

最初のプロットでは、
スターウォーズEP1のポッドレースを取り入れようと思ってました。

火星で開催されるレースイベント「マーズグランプリ」の開催日に
爆破予告が舞い込み、そこでシルビーたちが派遣され、
謎の事件の真相に迫る。

というものでした。

事件に巻き込まれるレーサーのモルガン役に左京さん。
その妹にみつるさん。という配置でした。

ゼロガインで登場したGAS人事部のカーサ・カサブランカも登場。
シルビーが転職してくる前の職場、連邦保安局の元上司と相棒が登場。

という構想でした。

なので、当初のメインキャラクターの配置としては、
ヒロインのシルビー・ルッソ。
GAS人事部のカーサ・カサブランカ。
ゲストキャラのモルガン・キック。
です。

モルガンは、レーシングスーツを着ていました。

その他のキャラとして、
ブランドル・バーゴ:シルビーの新パートナー
ギュスタ・モーガン:カーサの部下
シオル・キック:モルガンの妹
ランディス:連邦保安局の敏腕警部
をラフで描いてます。

当初から、前作のパートナーのレイノルズは栄転になって、
ブランドルという新パートナーを登場させると決めていました。
物語に変化をつけて、シルビーをより立たせるために
バディものとしての要素を入れようという考えです。

2月の頭の時点でのキャラデザイン稿を見ると、
シルビー:主人公
メッサー:シルビーの元同僚
ランディス:シルビーの元上司
カーサ:GAS人事課長
ギュスタ:ガンシルビー号の新クルー
ブランドル:ガンシルビー号のクルー
モルガン:火星大陸レースに出場するレーサー
シオル:モルガンの妹
とあります。

シルビーのもとに、GASの新入社員ギュスタという女の子がつく設定です。
このことで、さらにシルビーを成長させようという魂胆です。
金髪の美少女で、雰囲気としては
機甲戦記ドラグナーのヒロインのリンダみたいな感じでした。

ここで一応の設定が完了したので、シナリオ第一稿をあげて、
キャストさんへのオファーを2月末ぐらいから開始します。

ところがここで事件発生。

まぁ、今思えばどうということはなかったのですが、
とある事情がありまして、
脚本を一から見直すという方向で舵を切りました。

モルガンはフリーのジャーナリストに変更。

シオル/織山カヨ、ギュスタ/志筑みつるという割り当てで悪役として登場。
それを束ねる女リーダーとしてメレシスを設定。
メレシス役は、信頼している秋月深咲さんに内定。

結果的にガンシルビーとしては続き物でも、
シルビーと犬ロボットのジョリーとわたしが演じるロン支部長以外は、
全員入れ替えになりました。

3月頭で正式にキャストのオファー開始。
タイトルも「無頼戦艦ガンシルビー プロスペルのゴースト」となりました。
まだ「2」が入ってません。

リハーサル場所は東京・北区赤羽の公民館を5月26日。
スタジオも下見をして秋葉原のスタジオを6月9日で予約。

4月29日に収録用台本が完成しまています。

劇中音楽は結局新規で10曲制作することに決めており、
La mahistralさんに曲の尺の指定をしたのが6月16日。
かなりの急ピッチでお願いしたことになります。

途中でタイトルに「2」を入れたのは、
杉宮さんの発案というと大げさですが、
ご自身の日記の中で出演作品を紹介されている中で、
「無頼戦艦ガンシルビー2 プロスペルのゴースト」
と表記されていて、
なるほど、たしかに「2」が入ったほうが「1」があるということだから、
「2」で初めて作品に縁した方に対しても「1」の存在を知りえるわけで、
作品のプロモーション上から考えると、これはとても貴重な事だ!
ということでタイトルの中に「2」を入れました。

これでM3には2006年春の2007年秋まで毎回新作で参加ということになりました。

当初の予定だった、レースシーンを実況中継で説明するという案は、
この作品から間を空けて新規に制作を始めることになる
「超鬼兵ガルヴァイド」で日の目を見ることになります。

「無頼戦艦シリーズ」4作品を経て、少しブランクを空けた2009年1月。
「超機神兵ガルヴァイド(仮)」というタイトルで、
主題歌だけ作るという、でっち上げ企画を開始するのですが、
これがまた、いろいろと良い意味でも悪い意味でも凄いことになっていくわけです。
ガンシルビー2とほぼ同一のキャスティングとなる予定のはずが、
思わぬアクシデントが連発していくことに……

もろもろあって、「超鬼兵ガルヴァイド 第五番世界編」として、
ネット配信まで漕ぎ着けて、現在はその続編を製作中のRMRなのでした。

というわけで、「無頼戦艦ガンシルビー2 プロスペルのゴースト」は、
次のような布陣で制作いたしました。

■キャスト
シルビー・ルッソ    :杉宮 加奈
ブランドル・バーゴ   :MO
ジョリー        :犬
モルガン・キック    :天王寺★ 左京 
ランディス・ウェイン  :バッキー小林
メッサー・ブレナー   :丸藤 賢太
メレシス        :秋月 深咲
シオル         :織山 カヨ
ギュスタ        :志筑 みつる
コロニー巡視員A    :凪 佳二
コロニー巡視員B    :simo
ロン・ヴァウアー    :古池 真透
発進オペレータ     :せろりあん
移送担当/アナウンサー :池田 奨
ワープシステム担当員A :後藤 ハルキ
ナレーション      :丸藤 賢太

■スタッフ
企画・原案     :RMR
脚本        :菅谷 陽星
音楽        :La mahistral、森田 俊輔
キャラクターデザイン:古池 真透
メカニックデザイン :神戸牛、simo、古池 真透
イラスト      :神戸牛、simo、古池 真透
パッケージデザイン :古池 真透
アクセントチェック :秋月 深咲
録音        :studioGOKENCHO
編集        :古池 真透
演出補佐      :凪 佳二
監督        :古池 真透
製作        :GALAXY AGENT SERVICE

主題歌
「ガンシルビー バースト!」
 詞・曲:古池 真透 編:SENTIVE
 歌:RMR-f-SERO

「dreamtale」
 詞・曲・編:REI-K
 歌:HARUKI
 Sound produced by SOUND DECORATION 

■効果音提供元
音声劇団RBC様、ザ・マッチメイカァズ様
ASOBEAT様、soundoffice.com様、WEB WAVE LIB様
TAM Music Factory様

以上、長々と裏話でありました。

まだ、未聴の方々におかれましては、
ぜひ2010秋のM3にて、お手にとっていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

ではでは。

/古池真透@RMR制作統括
関連記事
スポンサーサイト
必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
Twitter
ご来訪者様
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。