FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガルヴァイドバナー
http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/gualvide/gualvide.html

自分は不器用なので、自分が書いた脚本が本当に物語になっているのかを確かめるために、一度、全部自分で演じて収録して、それを聴いてみないと、全体の密度感みたいなものが判らない。

今日、やっと、その作業までたどり着きました。

でも、今回は、不幸中の幸いというか、作品的には幸いなことに、塾考する時間をとることができたので、予想以上に想定どおりの展開と構成になった、と思う。

これまで作ってきて取り入れられなかったアイディアも導入できたり、あえてシリーズ化から抜け出してみたことで、新しい挑戦も織り込めた。

自分の演じた声が、本番の役者様の声に入れ替わっていく作業は感動的でさえある。

それを一番最初に感じることが出来るのが、リハーサルを行なう顔合わせも兼ねた読み合わせ会。

ここで、まず、良い意味で裏切られる。

素人の自分では表現できなかった、情景描写を聴かせていただける。

その裏切られっぷりは、脚本家としても監督としても、ニンマリせずにはいられない瞬間の連続で、物語作りの醍醐味のひとつだと思う。

その、日程も場所も決まり、動き出した感が高まってきました。

今回は3部構成ですが、概ね、
・第一部:25分
・第二部:21分
・第三部:26分
の尺になりそうです。

すでに出来上がった主題歌や、制作中のデモ版の主題歌もはめ込んでみて、ちゃんと物語を支える力があるなと実感できて来ました。

あとは、役者様の演技を支える効果音の選定に入っていきます。

効果音も、一つひとつが役者みたいなもの。
いかに、効果音に演技させるかが、編集者としての腕の見せ所。

あわせて、最後の段階の作業になるのが劇伴の作業。

演技と効果音をより表現力アップさせるために、シーンに合わせたBGMを作っていきます。こればかりは、スキルがないので、文句をつけるくらいしか出来ませんが、その元イメージになる楽曲をあらかじめはめ込んでいく作業も胸躍るものがあります。

そういう意味では、産みの苦しみの対価としては、おつりが来るぐらいの感動がたくさんあります。

収録や楽曲制作作業は、長時間・長期間の労作業になりますが、お世話になるスタッフ・キャストの皆様には、本当に感謝なのであります。
関連記事
スポンサーサイト
必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
RMR広報
ご来訪者様
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。