来る2017年4月30日(日)、東京流通センター(TRC)にて開催される、音系メディアミックス同人即売会「M3-2017春」に参加します!

サークル名はRMR(あーる えむ あーる)。
今回もAudio Drama Brand TEPSさんとの合体参加です。
スペース番号は、R02ab です。

頒布品はつぎのとおり!

M3では初だしの新作ロボットアクションオーディオドラマCD
「超鬼兵ジーヴァイド」
通販用ジャケット画像01表 
特設サイト http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/zv/

■予告音源

■ストーリー
深海にあるのは真実の愛か――
異世界から齎された謎の技術「ルーフケイズドライブ」は人類にとって禁断の果実なのか?少年は母の研究に隠された秘密を探るため、マリアナ海溝の底を目指した。

RMRがお送りするオリジナルSFロボットアクションオーディオドラマ第9弾!海洋SFロボットアクション作品です。

■キャスト/スタッフ
ジェネック・ライト 本田賢士(三木プロダクション)
レミー・メロディア 寅子
アライザ 來香滄
ガリア・ドラー たまきち(極楽★施設)
イオナ・バースデー 杉宮加奈(TEPS)
ハヤイド・オリィ 丸藤賢太
デッキス・パルメ 井折たくみ
キャサリン・キャメロン 鶏子
ケッタン・トクナガ 赤井吹正
バレッタ・ピーロ 秋月深咲(Voice Treasure Factory)
つくばシティーアナウンサー 歩川もえ(アイリスの花言葉)
オペレータ 嶝崎ミツキ(幻燈ワルツ)
コンピュータ 後藤ハルキ
ゼムハット・バロウ 武田恵瑠々(ErulooP...)
special thanks
 騎翔優(TEPS),チャオ・ササキ
 くろ。(ムラサキノオト),仲野識(少女蘇生)
 矢的ヒロ
企画 Robot's Makes Revolution
脚本 菅谷陽星
キャラクターデザイン mart
メカデザインワークス mart,神戸牛
音楽 鴻巣舞,background,森田俊輔
録音 スタジオ竜の洞窟
ボーカルREC
 スタジオじろうゆ,URBAN FOREST STUDIO JAPAN
設定考証 奥菜宇素子
アクセントチェック 秋月深咲
音響効果・編集・録音監督 古池真透
製作総指揮 古池真透
製作 GALAXY AGENT SERVICE

オープニングテーマ曲「Z Together !」
 唄  寺井沙織×紘瀬さやか
 作詞・作曲 鴻巣舞  編曲 吉田仁郎
エンディングテーマ曲「雲と夢の輝石」
 唄  後藤ハルキ
 作詞 鴻巣舞 作曲 みろ  編曲 SENTIVE
劇中歌「真夏の雪」(LINKAGE「Hi-Speed Prayer」より)
 唄  LINKAGE
 作詞 鴻巣舞 作曲 D-A-G  編曲 D-A-G,みろ

■仕様
作品名 超鬼兵ジーヴァイド
メディア CD-R
音声形式 CD-DA
収録内容 11トラック,73分
装丁 ジュエルケース,フルカラー4Pリーフレット
イベント物販価格  1,500円

■イベント概要
音系メディアミックス同人即売会M3-2017春
開催日時  2017年4月30日(日)11:00-15:30
場所  東京流通センター(TRC)※アクセス方法
 >> M3公式ページ http://www.m3net.jp/

■ご予約
当該イベントにて事前予約を承っております。
事前予約ページはこちら >> クリック
「件名」欄のプルタブにて”頒布品の事前予約”を選択して、必須事項ならびに”予約したい作品”をチェックの上、ご送信ください。なお、事前予約の〆切は2017年4月27日(木)とさせて頂きます。

■通信販売
イベントにお越しになれない方向けに通信販売も行っています。
各種通販へのリンクは、RMR作品紹介ページからご覧くださいませ。
 >> http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/index_sakushinshoukai.html#zv
ご利用いただけますと幸いです。

■その他の頒布品
新譜の他に、こちらの作品も少部数ですが持参する予定です。ご購入をご希望の方は、あらかじめ、上記の事前予約をご利用ください。
・ボーカルCD
 超鬼兵ジーヴァイド主題歌
  「Z Together !」
  「雲と夢の輝石」 各500円
 超鬼兵シリーズ音楽集
  「GUALVIDE SONGS」
  「GUALVIDE SONGS 2」各1,500円  
・ドラマCD
 超鬼兵オーヴァイド
  前編”謎の島の巨神”
  後編”その声の彼方に” 各1,500円
・コピー紙
 超鬼兵ジーヴァイドデザインワークス 100円

以上、どうぞよろしくお願いします。

/RMR代表 古池真透
関連記事
スポンサーサイト
去る2017年2月12日。
東京ビックサイトで開催されたコミティア119にて、RMRの新作ロボットアクションオーディオドラマCDの「超鬼兵ジーヴァイド」を頒布しました!

ジーヴァイド扉絵 

ジーヴァイド400 
特設サイト http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/zv/

■ストーリー
異世界から齎された謎の技術「ルーフケイズドライブ」は人類にとって禁断の果実なのか?少年は母の研究に隠された秘密を探るため、マリアナ海溝の底を目指した。

RMRがお送りするオリジナルSFロボットアクションオーディオドラマ第9弾!海洋SFロボットアクション作品です。同年2月13日から通販も開始しています。

イベント頒布価格は1,500円
BOOTH通販価格 1,800円(送料含)
RMR直接自家通販価格 1,900円(送料含)
※各種通販へのリンクは、RMR作品紹介ページからご覧くださいませ。
 >> http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/index_sakushinshoukai.html#zv

本作の主演を務めるのはRMRでは初参加の本田賢士さん。
主人公のジェネック・ライトを、本当にイメージ通り、いやそれ以上に演じて頂けてとても嬉しい限りです。

RMRのキャスティングは、実際に会ったことがある方、というか、飲んだことのある方にお願いすることが大半です。他のドラマCD等でのお声を拝聴して、あぁ素敵な役者さんだなということはもちろんあるのですが、個人的な趣味として「作りすぎていない演技」が好きなので、ちょっとお酒が入った宴で、普通に会話するお声がどんなふうなのかで決定をすることが多いです。

本田さんもその例に漏れず。ただ、何年か前に、本作の構想を練っている段階で、次の主人公は高校生くらいの男の子が良いなぁ、ナイスなボイスコさんいないかなぁとTwitterで呟いたところ、本田さんが真っ先にリプライを頂いたというキッカケのようなものはありました。本田さんの出演作は何作か拝聴していましたが、ナチュラルで清潔感のある役柄の作品があって、あー本田さん、いいよね。と思っていたところでした。でも、最終決定は、やっぱり、宴会でした。

ヒロインのレミー・メロディア役は寅子ちゃん。
RMR作品は初ですが、別なサークルの収録にお邪魔したときに何度かお会いしていて、休憩時間等に雑談をしながら、とってもわたしごのみのエッジの効いた個性的なお声に惚れ込んでいましたから、ヒロインは寅子ちゃんでいく!と、数年、待ちわびた登板です。レミーは複雑な家系に生まれ、若くして工学博士号等の学位を持った秀才女子。SF作品としてのキーワードを連発する難しい台詞を、丁寧にわかりやすく演じて頂けました。主人公よりも3つ年上という設定もキチンと感じさせてくれつつ、どこかしらユーモアのある最高のヒロインになったと思います。

第2ヒロインのアライザ役は來香滄さん。
來香さんのご出演される作品も何本か拝聴していますが、割りと男の子役が多い來香さん。でも、凛とした空気感と優しい慈愛に満ちたお声は、RMRでは絶対に女の子役でお願いしたい!と思っていました。アライザは、異世界からの使者の少女という不思議ちゃんです。感情を抑えつつ、ちょっと上から目線でありつつも、謎を秘めた女の子。來香さんに見事に演じていただきました。

主人公ジェネの家を買い取って、自分の家にしてジェネを居候扱いにしているというイオナ・バースデー役は杉宮加奈さん。RMRでは、2006年制作の第2作目から欠かさずご出演いただいています。どんな役柄でも、要求以上のパーフォーマンスで返していただける杉宮さん。イオナは、謎めきつつ、肝っ玉姐さんのようでいて、いろんな思いを抱えているという難しい役柄だと思うのですが、杉宮さんならではの脚本の理解力と瞬発力のある演技で完璧に演じていただきました。

イオナの仲間のひとり、ハヤイド・オリィ役の丸藤賢太さん。
丸藤さんも長いおつきあいです。2006年のRMR第3作目からご出演いただいていいます。丸藤さんは本人も豪語する超ドMなので、毎回、敢えて難しい役柄をお願いしています。そこはさすが丸藤さん。安定感と存在感のあるお芝居で、作品の世界観を奥深く掘り下げていただけていると思います。スタジオ収録を行う広さの都合等で、兼役をやらざるを得ないケースもありますが、今回もリハーサルの日に、予め決めておいた兼役とは別に、突発的オーディションを行いまして、その結果、丸藤さんは、本作では知的で優しいエンジニアのハヤイドを含め4役での参加です。丸藤さんの妙技。ぜひご堪能いただきたいです。

イオナの仲間、もうひとり。デッキス・パルメ役の井折たくみさん。
前作に続いて登板。前回は異星人のイケメン将校でしたが、今回は捻くれ者の天才ハッカー。掴みどころのないニヒルさというか、人を小バカにしたような、それでいて愛らしいコミカルなポジションです。常に脚本の全体感を意識して、微細な演技でキャラクターを造形しつつ、シーンのバランスを熟考される井折さんですが、今回も、リハーサル時や暫定編集の仮音源を踏まえての演出アイディアを提示していただき、わたしのイメージよりもブラッシュアップされたと思います。

国連の冷静沈着なカッコいい偉い人、ガリア・ドラー役の、たまきち氏。
たまきち氏は、2005年の処女作のときからRMRをお手伝いいただいています。多くのことを教えていただいてるたまきち氏の役柄はどうやって決まるかといいますと、作品の収録打ち上げの宴の席で、酔っ払いながら「次は◯◯な役がいいっすね~」と雑談している内容を基本的に遵守。今作では、イケメンで立場的にも偉い人をカッコよく演じて頂きました。

主人公を助けるチームの、ある意味サブキャラヒロインのキャサリン・キャメロンは鶏子ちゃん。
本作は、海洋SFとしてマリアナ海溝が舞台ですが、映画監督にして冒険家のジェームズ・キャメロンから名前を拝借したので、このキャサリン。劇中ではキャシーと呼ばれています。キャスティング上では一番最後に決まったのが鶏子ちゃん。他の女性陣の中に埋もれない、バランスのとれたポジションということで最後まで悩みました。出番としては短いのですが、鶏子ちゃんの勘の良いセンスがバッチリ光った出演シーンになったかなと思います。

主人公を助けるチームのオジサン、ケッタン・トクナガ役は、赤井吹正さん。
赤井さんも創設当時から、チョイ役で出演していますが、今回はその中でも台詞多めです。年長者の声というのは、特に音声劇の場合、若い方が声を作ると、どーしてもそれが「見えてしまう」傾向があるのは避けられないわけですが、赤井さんはリアルにオッサンなので、その辺の違和感はないかなとは思います。要所要所の声のアクセントとして、うまく皆さんに聴こえていれば幸いです。

国連事務総長のバレッタ・ピーロは秋月深咲さん。
秋月さんも2006年の第2作目からのお付き合いです。秋月さんには、全体と通してのアクセント監修というスタッフとしても参加していただいています。バレッタ役は、国連の長でありながら、どこか腹黒さもありつつ正義感も強そうな、という、セクシーなオバサマという役柄です。長尺のワンシーンのみの出演ですが、インパクトの大きい印象的なお芝居をしていただけて嬉しい限りです。

つくばシティのアナウンサー役の歩川もえちゃん。
今回は、都合により宅録参加ですが、もえちゃんならではの説得力のあるお芝居を披露していただけたと思います。世界観構築の上で重要なファクターをバッチリ決めて頂いています。

ワンシーンのみ登場の嶝崎ミツキさん。
本当に数ワードの台詞ではありますが、リハーサルにも、スタジオ収録にも足を運んで頂きました。これはわたしの持論なのですが、台詞が少ないキャラクターほど、キチンとした方に演っていただきたいということがあります。その台詞ひとつで作品を何倍も彩ることができると考えているからです。嶝崎さんのお声が、見事にマッチしたシーン。ぜひ本編でお聴きいただきたいです。

そして、今回の悪役。ゼムハット・バロウ役の武田恵瑠々さん。
前作の主人公のパートナー役からの続投。武田さんのお芝居にかける情熱を活かすにはどうしたら良いか、とRMRなりに模索した結果、謎の武器商人のボスという役を思いつきました。鉄仮面とマントを纏った謎の人物で、シーンとしてはあまり動かない設定です。イスに座ったまま世界を牛耳っているという背景をどう演じていただくか思案した結果、通常はスタジオではスタンドマイクで行う収録を、ゼムハットについては専用の固定マイクをつくり、イスに腰掛けての演技をして頂きました。RMRでは挑戦してこなかった長回しのシーンでの長台詞ということもありましたが、それが、皆様にどういう風に伝わるのか楽しみです。非常に集中力と体力を要する役柄を、重厚に演じていただけて、本当にうれしいです。

また、とあるシーンで、本編キャストさん以外の方にもご出演していただいています。
12月に開催した作品試聴会にご参加くださったゲストの皆様も含め、当日の参加者全員で収録した音声を組み込んでいます。大勢での特殊なテンションでのお声が必要だったので、作品試聴会にて実施したのですが、とても良い場面を構築できたと思います。本編では数秒になってしまいましたが、会場では20秒以上収録したので、それらを重ねていることもあって良い群衆になったいるかと。

そして、音楽面でも多くのスタッフに参画していただいています。
ボーカルの寺井沙織さん、紘瀬さやかさん。そして後藤ハルキさん。後藤さんには、本編内に登場する主人公サイドのコンピュータの音声を演じていただいています。無機質だけれど優しげな声になっていると思います。その辺も要チェックしていただけますと嬉しいです。
編曲の吉田仁郎さんに、ボーカルRECの下田義浩さん。
劇伴制作では鴻巣舞ちゃんに、長年お世話になっている森田俊輔さん。backgroundさんには、ここぞ!という部分の劇伴をお願いしました。

ビジュアルデザインのスタッフとして、創設期からRMRスタッフとして参加していただいている神戸牛さんには、主人公メカと対峙する謎のマシンのデザインをお願いしました。音声劇でのロボットデザインということで、フォルムの特徴を重視するわけですが、今回もカッコよくて悪そうなデザインを作って頂きました。

というように、多くの方々のご協力で完成した本作。
RMRの創設19周年記念作品として頒布を開始しました。

音声劇を独学でやりはじめたのが2003年頃。「超鬼兵ジーヴァイド」は第9弾作品として、過去のあらゆる経験を昇華させて制作した自信作です。ロボットアクションを音声劇でやるというのは、演出面で「見えない」というハンデを大きく背負うことにもなりますし、効果音の部分でも、とってもカロリーが高い構成になります。世代的にも、ロボットものは通らずに来たという方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ、ご興味のある方は、「音だけで、こういうこともできるんだな!」という部分をお聴きいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

/製作総指揮 古池真透
関連記事
毎年映画100本を目標に観ていますが、今年は新旧合わせて71本でした。
その中から、邦画洋画ミックスで個人的ランキングを発表!

第1位 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
第2位 シン・ゴジラ
第3位 君の名は。
第4位 この世界の片隅に
第5位 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
第6位 怒り
第7位 ブリッジ・オブ・スパイ
第8位 レヴェナント:蘇えりし者
第9位 アイアムアヒーロー
第10位 ズートピア
番外編 クラウド アトラス

クラウド アトラスは2013年公開作品なので番外ですが、壮大なSFストーリーで説学的で示唆に富んでいていい映画でした。

1位は文句なしのローグ・ワン。こんなにスター・ウォーズっぽいスター・ウォーズ映画が観られるなんてギャレス・エドワーズ万歳!って感じです。最後がどうなっているのかわかっているのに初見という、隙間埋めアウトサイドストーリー映画のお手本と言っては過言すぎますか?

2位はシン・ゴジラ。ギャレス・エドワーズの2014年版ゴジラあってこそのシン・ゴジラ。庵野秀明監督の趣味全開というか、庵野監督ファンの急所を突きまくった映画は、現代社会を巧妙に風刺した怪獣映画の持つ本来の機能を復権したのではないかと思います。

3位は君の名は。驚異のロングラン。大ヒット。海外でもこのテイストが受け入れられているのは、日本の伝統的な風景を物語に反映させていることも影響しているのかなと思ったり。ザ・ジャパニメーションの新たな旗印になりました。

第4位は、この世界の片隅に。太平洋戦争の広島県を舞台とした、一人の女性の日常物語。こんなにも丁寧で、鮮やかで生き生きとしたアニメも珍しいでしょう。末代まで語り告げる至高の大傑作だと思います。ヒロインの声を勤めたのんが最高に素晴らしいです。

他、いろいろ書きたいというか、ランキング外の映画もみんな楽しかったです。
2017年も、たくさん映画を見るぞー!

以下、2016年の鑑賞記録です。

2016年の鑑賞メーター
観たビデオの数:71本
観た鑑賞時間:6110分+α(鑑賞メーター未反映作品含む)

特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER [Blu-ray]特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER [Blu-ray]
20周年のときもやっていただきたい!全員元気でなによりで素晴らしい。
読了日:12月30日 監督:竹本昇



モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]
ゴジラ(2014)とローグワンが激烈に良かったので、いつかは観たいと思っていたギャレス監督の出世作。なるほど、視覚効果やハラハラ感はさすが。ロードムービー形式という構成が生きる「終着点」でのどんでん返しのし掛けも面白かったです。地球外生命体が高度なハイテク人種っぽくないことで落胆する作品も多い中で、本作はクリーチャー的なものになっていることに説得力があったと思う。
読了日:12月24日 監督:ギャレス・エドワーズ

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国 [DVD]ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国 [DVD]
猪突猛進熱血系というウルトラマンの新しい道を拓いたゼロシリーズ。円谷変身ヒーローのリニューアル戦士も登場したわかりやすい作品。ベリアルはとってもいいポジションのヒールなので、とにかくこじつけてこれからも登場してほしいキャラクターです。土屋太鳳が初々しいです。
読了日:12月21日 監督:アベユーイチ

【早期購入特典あり】スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ<ファイナル・シーズン/ザ・ロスト・ミッション>ブルーレイ コンプリート・セット(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 劇場B2ポスター付) [Blu-ray]ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
EP4の出だし直前までのデススター設計図奪取作戦劇。こんなにスター・ウォーズしているスター・ウォーズ映画はスター・ウォーズ以外ではじめて観たかも!っていう訳わからん感想を言ってしまうほど素晴らしいスター・ウォーズでした。これは正式にEpisode 3.5 ローグ・ワンとかで良いんじゃないでしょうか。って、そうなんですが。こうなると、本家シリーズのEP7と比べてアーだのこーだの言いたくなるわけですが、毎年SWネタで楽しめるなんて本当にいい時代です。
読了日:12月19日 監督:ギャレス・エドワーズ

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号[ブルーレイ+DVD] [Blu-ray]スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
3号の扱いをどう設定して、ライダー全員出していくのか?という部分がよくまとまっていたと思う。及川3号も良かったですが、やはり、中村優一や倉田てつを他の変身前キャスティングが痺れました。戦隊ロボも強引ですが首領を倒すという位置づけで使命を果たせたかなと。中盤の屋外円形劇場は、国営ひたち海浜公園で、何度か行ったことがあるので嬉しかったです!欲を言えば、生身役者陣は全員集合で変身してほしかったかなぁ。
読了日:12月18日 監督:柴﨑貴行

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー
1号~の歴代ライダーで押すコンセプトから方針転換の新機軸。ゴーストメインでエグゼイドがサブ。他がサポートというシフト。ゴーストは一度死んでいてエグゼイドは研修医という設定をとってもうまく昇華しつつ、なんたってアクションシーンは最高。
読了日:12月12日 監督:坂本浩一

宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION [DVD]宇宙刑事シャイダー NEXT GENERATION [DVD]
山谷花純、かわいい。
それにつけても、川本まゆ。もっと、いろんなアクションありの映画で磨きをかけてあげたい。平成の志穂美悦子でいけそう。
岩永シャイダー、すごく良い。
宇宙刑事のバード星での制服がテロンテロンで安っぽく見えちゃうのが切ないんだけど、地球の常識で考えてはいかんので、ものすごくナイスな素材に違いない!と思うようにしたら気にならなくなりました。森永奈緒美と円谷浩の並んだショットだけでも、オジサンは涙ぐんでしまうのでありました。宇宙刑事シリーズ最高!
読了日:12月05日 監督:坂本浩一

西遊記~はじまりのはじまり~ [DVD]西遊記~はじまりのはじまり~ [DVD]
いろいろと言えばきりがないですし、正統派だと言えばそうなので、あとは好みの問題なんですが、GMEN75はちゃんとGMEN75だったので、なんかそれで急に親近感湧いちゃうというか。ホントの序盤のエピソードなので、金角・銀角とか牛魔王編とかまで観てみたくはあります。
読了日:12月05日 監督:チャウ・シンチー

【一般券】『インフェルノ』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)インフェルノ
前2作とは似てるけど3作目ということで!ということなのかアプローチがちょっと違っているように感じました。基本的に謎についての会話劇なんですが、ただイスに座って対話しているというシーンがない工夫がされているので、とにかくサスペンス感あります。フィレンツェは行ったことがあるので、おおお!あそこじゃぁ!ってことで、このシリーズは「行ったことのある外国モノ」として、楽しめて好きです。
読了日:12月05日 監督:ロン・ハワード

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 [DVD]THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 [DVD]
劇パト2の後日談実写版。このシリーズにはいろんな見せ方ができるエンタメ性があるってのは、この前段の数話で証明されているのですが、劇場版として一人立ちさせたわりには、こじんまりしてしまった感があります。でも、やっぱり、ちゃんとパトレイバーしているわけで、押井演出バリバリの本作も楽しめちゃうという古くからのファンの業というものも実感できます。
読了日:12月01日 監督:押井 守

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [DVD]THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [DVD]
レイバーの出番が極端に少ないので予算がなかったのかなぁとは思いつつも、「イングラムがある世界」というこちら側の思いみたいなものは、1番最初のOVAシリーズのときから身体に染み付いているので、そこはそれほど違和感がなく。むしろ、これが押井版パトレイバーらしさかなという感じで、結構、堪能できました。続編にも期待したいところです。
読了日:12月01日 監督:押井 守

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]クラウド アトラス
ペ・ドゥナが可愛い!ペ・ドゥナとどこかですれ違っている人生なら、何度目かの人生で結婚していることを願いたい。つまり、そういう映画。だんだんつながっていくストーリーというか転生の関係性が必ずしもイコールでないのも面白い。何本もの映画を束ねたと見ると、一本あたりの映画は凡庸かもしれませんが、どんどんクロスさせていくことで点が糸になって紡がれて面になって裏返って縫い合わされて球になるというような、そんな大胆な構成で驚きました。良かったです。
読了日:11月28日 監督:ウォシャウスキー姉弟

艦これ劇場版
TVシリーズ最終回の続き。若手人気女性声優の大量投入という現実のメタファーと捉えると、更に感慨深い本作ではないかと。クライマックスでは泣いてしまいました。思っていたよりとっても良かったです。
読了日:11月26日 監督:草川啓造

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV [Blu-ray]機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV [Blu-ray]
MS初戦物語とシャア×ララァ初対面物語×テム・レイ奮闘記という胸熱エピソードのはずなんですが、わりと淡々と事実を並べている感じがして単調だったような気がしました。ドラマというより架空の史実をトレースしてしまった感。でも、早見沙織のララァはなかなか良かったです。
読了日:11月19日 監督:安彦良和

【一般券】『この世界の片隅に』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)この世界の片隅に
これは歴史的な傑作なんじゃないでしょうか。
読了日:11月15日 監督:片渕須直



機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [DVD]機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [DVD]
何度観てもハサウェイがチェーンを殺す意味がわからんけど、それ以外は最高!
読了日:10月17日 監督:富野由悠季



グッドモーニングショー
中井貴一でコメディ。観たかった!長澤まさみも良かった。ワイドショーチームと報道チームの確執がリアルかどうかは置いといて、マスコミ万歳!というテイストに見えて、実は痛烈な自己批判なのではないかと思うと、それはそれで味わい深い名作だと思います。
読了日:10月10日 監督:君塚 良一

機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER- [DVD]機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER- [DVD]
ヒロイン役の大原さやかがすごく良い。スターゲイザーガンダムはイケてる設定なので、帰還後のエピソードで外宇宙探査編とかいろいろできそうなので勿体無い感はあります。
読了日:10月03日 監督:西澤晋

君の名は。
いいとこづくし。繊細で美しい情景と、紡がれる主人公とヒロインの想い。RADWIMPSの楽曲とのシンクロ性も相まって、作品世界の微々細々に至るまで透明なクリスタルのように輝いて人の心に突き刺さってくる映画。というわけで、世界中で大ヒット。これで新海誠監督は心置きなくロボットアニメをやっていけるかと思いつつも、ナウシカのヒットでジブリがお説教くさい作品が多くなってしまったと思っているわたしとしては複雑です。少し休んでいろいろ吸収して、更に良いアニメを作ってください!←上から目線w
読了日:09月30日 監督:新海 誠

イン・ザ・ヒーロー 豪華版(本編DVD+特典DVD)(初回生産限定)イン・ザ・ヒーロー
劇場で見るタイミングが合わなくて観たかった作品。いい映画に違いないと思っていましたが、観たら10億倍良かった。
読了日:09月30日 監督:武 正晴

【一般券】『真田十勇士』映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)真田十勇士
もう冒頭で唖然。斬新なスタイルに挑戦し続ける堤監督なのだから、付き合うしか無いと思うも、なかなか乗り切れず。映画としての文法を見いだせないと登場人物に共感しづらいのが個人的な視聴感なので…でも、舞台と連動しているのだから、映画の世界に舞台を持ち込んだらどうなるかという実験的演出なのではないかと勝手に納得して、なんとか観終えたという感じ。大島優子はもっと活躍させても良かったかなぁ。舞台サイドは若干のキャスト変更とのことで、それはそれで観たくはあります。中村勘九郎の本作での記号的な演技をどう取るかで好き嫌いが別れるところですが、あんまりいないキャラクターなのでそこは新しさが見えたかなという感じ。
読了日:09月26日 監督:堤幸彦

宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION [DVD]宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION [DVD]
きちんとした「宇宙刑事モノ」としての様式美はあったと思います。映画でもテレビでもできないアクション描写という部分ではさすが坂本監督作品。で、坂本監督作品に概ね共通する感想は「油田を掘り当てて寄付したい」ということ。宇宙刑事は世代を変えてもコンバットスーツの外装は基本的に変わらないシンボルマーク的な存在という設定になったので、折々に新作を観られる可能性が確定したので今後にも期待したいです。
読了日:09月22日 監督:坂本浩一

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
キチンとガチ対決していて良かった。スカーレット・ヨハンソンは今作でも美人でカッコイイ。
読了日:09月19日 監督:アンソニー AND ジョー・ルッソ

怒り
3つのストーリーを終始交わらせず交錯させグイグイ牽引していく構成が素晴らしい。誰が犯人なのかという映像的ミスリードもカッコいい。広瀬すず体当たりで可憐。特に沖縄の青年役の佐久本宝が良い。そして池脇千鶴のオバちゃん役が素敵。とにかく凄い映画。
読了日:09月19日 監督:李 相日

シンドバッド ~魔法のランプと動く島~ [DVD]シンドバッド ~魔法のランプと動く島~ [DVD]
シリーズ第二弾。これ劇場でいつやったのかわからかったんですが、第3弾もきちんと公開されますように。こういうお話は、時代的に興行としては難しいかもしれませんが、どんなスタイルであれ、子どもたちの目にとまってもらって、ワクワクしてもらいたいものです。
読了日:08月29日 監督:宮下新平

ガールズ&パンツァー 劇場版ガールズ&パンツァー 劇場版
結末まで全部わかっているのに、なんなんだろうか、この凝り固まった心根が温かさに触れて凍解することで溢れ出る涙のような優しい感覚。ガルパンってのはホント不思議な作品です。
読了日:08月14日 監督:水島努

【一般券】『X-MEN:アポカリプス』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)X-MEN:アポカリプス
松平健が将軍さまだけに強い。でも、わりと弱い。でもってマグニートは結局いつもわけわからん立ち回り。これで次はX-MENの第一作に戻って猿の惑星ループ完成なのかな? でも、なんやかんや言って観てしまうバツ麺たのしい。
読了日:08月14日 監督:ブライアン・シンガー

柘榴坂の仇討 [DVD]柘榴坂の仇討 [DVD]
切れたら願いが成就するミサンガをヒロインに持ってきた設定。そのカウンターとして店主の台詞もキチンと効いていると思いました。そこに広末涼子がどんな思いをかけていたのかと推測する方向性でラストのジワジワ度は変わると思いますが、静のダイナミズムフルパワーでいい日本映画でした。2014年制作の武士道ものとして、非常に好きなバランス感覚です。中井貴一はさすがです。
読了日:08月13日 監督:若松節郎

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]パッセンジャーズ
アン・ハサウェイはとにかく綺麗で可愛い。そしておっぱいが大きのか小さいのか謎なのはいつもどおり。それはともかく、これはなかなか珍しい作風で、ジワジワ名作感があって、感覚としては描写は全然違うんですが、華氏451のラストシーンを髣髴とさせる叙情的な映画だなと思いました。観てよかった。
読了日:08月12日 監督:ロドリゴ・ガルシア

ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ジュラシック・ワールド
危機管理能力もなければ過去に学ぶこともない意識の低い人達が案の定トラブルの肥大化に対応しきれずにエゴまるだしで大失敗していく様を延々と見せられる作品。人間とはかくも愚かなのだ映画。でもって、最後、あのバカな女と寄りを戻そうと思ってしまうクリス・プラットにもイライラしちゃうという、映像表現がどうのこうのというよりモヤモヤしてしまう作品。次はもっと賢い登場人物を配置して頂きたく、って、それじゃ恐竜公園映画のコンセプトがずれちゃうか。
読了日:08月12日 監督:コリン・トレボロウ

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
MIシリーズを見ると、同じ系統のシーンでも見せ方っていろいろあるもんだなと関心します。今作は、なんと言ってもレベッカ・ファーガソンが最高にカッコいいです。
読了日:08月12日 監督:クリストファー・マッカリー

シン・ゴジラ DVD2枚組シン・ゴジラ DVD2枚組
カメオ出演組も現場で楽しそうに演っていたんだろうなと想像に余りある感じで最高です。
読了日:08月09日 監督:庵野秀明

ゲット スマート [DVD]ゲット スマート [DVD]
アン・ハサウェイはホント可愛くて綺麗で何やってもよろしい。
読了日:08月05日 監督:ピーター・シーガル

シン・ゴジラ DVD2枚組シン・ゴジラ DVD2枚組
ここからは、パーソナルサービス♪という石原さとみの台詞だけでご飯10億杯いけます。
読了日:08月02日 監督:庵野秀明

ONE PIECE FILM GOLD DVD スタンダード・エディションONE PIECE FILM GOLD
金金金金、この世は金!麦わら団もがっぽり稼ぐぜ!というナイスなアンチテーゼが見事に結実するナイス映画。友情パワー炸裂で、憎めないキャラたちが大活躍のエンタメ活劇。最高でした。
読了日:07月27日 監督:宮元宏彰

コンゴ [DVD]コンゴ [DVD]
午後ローにて。ヒロインが結構凶悪なんじゃないかという見方もできます。火山で全部消えちゃうってアイディアは結構うまいと思う。ヒロインが全部爆破というオチだと、ヒロイン悪すぎかなとも思うので。
読了日:07月27日 監督:フランク・マーシャル

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY (メーカー特典なし) [Blu-ray]機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY
ガンダムと戦争ってのは切っても切れないエピソードなのですが、それでも牧歌的哀愁に振り切った0083ポケ戦から年月を経て、こういうド直球な「戦争の狂気」に踏み込んだ作品が映像化されたというのは感慨深いです。そして、手書きガンダムの方向性をオリジン側では捨て去ったいま、オルフェンズの枠組みとは異なる今回の存在感を今後どうしていくのかも気になる一本でした。
読了日:07月25日 監督:松尾衡

【一般券】『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)インデペンデンス・デイ:リサージェンス
面白いかどうかでいうと面白かったですが、好きか嫌いかというと、嫌いなオチだったかなぁ。ということで、あと20年後もよろしくお願いします!
読了日:07月20日 監督:ローランド・エメリッヒ

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV [Blu-ray]KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV [Blu-ray]
CGワークゆえに自由なカメラワークを支配的に演出できるという最大の利点をどう活かすかという部分で、これはもう世代差というか、アクションゲームとの接点を考えればギュンギュン動かしたりカット割りも尋常でない多さというのはわかるんですが、もっと溜めてみせても良いんじゃないかというシーンが目立ったきがします。一方で、会話で見せるシーンは、結構うまくまとまっていたんじゃないかという印象。綾野剛はいい声だったし、忽那汐里も毅然とした透明感で良かったし、脇を固める声優陣は堅実で素晴らしかった。
読了日:07月11日 監督:野末 武志

【一般券】『サブイボマスク』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)サブイボマスク
ヒロインの平愛梨が良い!そして、なんたって主人公と一緒にいる自閉症の青年役の小池徹平がものすごく良いです。他にも、うまい配役とナイスなキャスティングで主人公を盛り立てています。とってもいい映画だと思います。感動しました。
読了日:06月15日 監督:門馬直人

マイ・インターン ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]マイ・インターン
アン・ハサウェイのタレ目で大きな口と、大きんだか小さいんだかわからん胸とか、そういう魅力が詰まった作品。というと身も蓋もないですが、ロバート・デ・ニーロとのコントラストも見事な作品。シンプルなエピソードですが、いろいろ共感できてよい映画だったかと。
読了日:06月06日 監督:ナンシー・マイヤーズ

【一般券】『スノーホワイト/氷の王国』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)スノーホワイト/氷の王国
クリス・ヘムズワースもシャーリズ・セロンも格好いいけど、この映画って
、どんな層に向けて作られた映画なんだろう?という疑念が最初から最後まで聴けないまま劇場で時間を過ごしてしまった。吹替の声優チームはさすがでした。
読了日:06月01日 監督:セドリック・ニコラス=トロイヤン

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [DVD]機動戦士ガンダム THE ORIGIN III
シャアの変態性をいかに裏付けするかということに大成功していると思います。全然ガンダム出てこなくてもめっちゃガンダム感あるというか、ガンダムという素材だからこそ、こういうテイストのアニメの制作できるのだなと。ズシンときました。
読了日:05月28日 監督:今西隆志

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]スター・ウォーズ/フォースの覚醒
3人のライトセーバーの出力が弱いのはフォース的にいけてないってことなのかも、と思うと納得できる気はしてきました。っていうか、フィンがなんで使えるのかとか、続編に期待です。
読了日:05月28日 監督:J.J.エイブラムス

宇宙からのメッセージ [DVD]宇宙からのメッセージ [DVD]
リメイクしても良いよなと思いつつ見終わると、この焼き直しは劣化しかないと思えるくらいカッコいいので、これはこれで殿堂入り映画。
読了日:05月27日 監督:深作欣二

ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
恐ろしくよく出来た映画。何者でもない「ヒックとドラゴン」という新しいテンプレートを生み出したと言っても良いんではないでしょうか。すばらしいです。
読了日:05月18日 監督:クリス・サンダース,ディーン・デュボア

サイボーグ009 超銀河伝説 [DVD]サイボーグ009 超銀河伝説 [DVD]
ジョーの女性に対しての優柔不断さが際立つ1作。でも、そこがいい。たぶん、公開当時、すでに大人になっていた本作ファンに向けた作品だったのかもしれないと考えれば、ゆったりしたテンポとか、大人オトナした登場人物たちの立ち回りも納得できなくもない。あと、ゾア側の危機管理能力が極めて薄いにもかかわらず宇宙を制服できると考えているあたりも牧歌的です。でも、そこが良いんです。
読了日:05月17日 監督:石ノ森章太郎

『ズートピア』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)ズートピア
巧妙に構築されたメタ構造で展開されるクライムバディー作品。個人的にはトイ・ストーリー3と並ぶ現時点でのディズニーランクベストです。
読了日:05月14日 監督:バイロン・ハワード、 リッチ・ムーア

アイアムアヒーロー 通常版 [DVD]アイアムアヒーロー 通常版 [DVD]
長澤まさみがめっちゃカッコいい!
「日本映画もここまでやれるのか」シリーズ。
読了日:05月09日 監督:佐藤信介

特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD]特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD]
これはおもろい!シリーズ化にもなってた。
何本か続けてほしい。
読了日:05月09日 監督:ミケル・ノガール

ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション [DVD]ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション [DVD]
超傑作B級映画と呼ばれるA級名作。すばらしいです。
読了日:05月07日 監督:アイバン・ライトマン

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 [DVD]映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 [DVD]
22世紀のミラクル道具のとんでも加減を活かすための緻密な設定考証を、それとなくわかりやすくちゃんと描写しているあたりは、さすがドラえもん映画。あと、最近のバージョンと違って、のび太はちゃんと臆病もので肝心なときに役に立たなさそうだし、ジャイアンも我が強くてダメ人間っぽさがあって、その上での勇気と正義感を発揮するのが良いですね。
読了日:05月07日 監督:芝山 努

ブラックホーク・ダウン [DVD]ブラックホーク・ダウン [DVD]
ズシンときました。
読了日:05月01日 監督:リドリー・スコット

『テラフォーマーズ』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)テラフォーマーズ
武井咲が可愛い。伊藤英明は、こういう現実からめっちゃ乖離した舞台での映え方がすごくいいと思う。もっとちゃんとした映画で主演男優賞とれるような企画が日本で成立してほしいです。
読了日:04月30日 監督:三池崇史

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]レヴェナント:蘇えりし者
たしかにこれは、ここでレオ様にオスカーあげないと、もう、今後、いつあげればいいのよ!っていう感じで凄いじわじわグイグイ押してくる作品でした。シンプルなストーリーを映像構成でみせつける、まさに映画でした。
読了日:04月28日 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
泣かされた分返しやがれ!っていうどんでん返しがあって、脚本トリックかくありたし!という感じでした。
読了日:04月08日 監督:ロン・ハワード

ジェームズ・キャメロンの深海への挑戦 2D+3D ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ジェームズ・キャメロンの深海への挑戦 2D+3D ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
キャメロンさん、完全にガチの探検家で惚れ惚れしました。
読了日:04月08日 監督:ジョン・ブルーノ

仮面ライダー1号 [DVD]仮面ライダー1号 [DVD]
究極の藤岡弘、映画。カッコ良かったです。ゴーストとの絡み設定もうまかったと思います。
読了日:03月28日 監督:金田治

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
ジャスティスリーグの映画がどれくらい制作されるかの試金石なわけですが、スーパーマンはとにかく無敵なので、個人的にはアベンジャーズよりもパワーバランスが段違いにバラバラで、誰と戦うかが難易度高いなと思いました。とはいえ、ワンダーウーマンがめっちゃ良いので、ワンダーウーマン映画はやって頂きたいなと。
読了日:03月26日 監督:ザック・スナイダー

仮面ライダー THE FIRST [DVD]仮面ライダー THE FIRST [DVD]
仮面ライダーの出だしを2005年当時にブラッシュアップすれば、まぁ、こうなんだろうな感はあるんですが、いかんせん、構成がよろしくない。コブラパートでショッカーの残忍さも出したいのもわからんでもないんですが、いっそのこと本郷の顔見知りにしてしまったほうが良かった気がします。尺の制限もあるわけですが、ショッカーのズサンな体制は人材不足というか組織体としての弱さが出ていて恐怖感が薄いので、ライダー戦もこじんまり。もっとも、ライダーってのは人知れず孤独に戦う悲しみをせおった勇者なので、たしかにこうなんだけど、なんというか、時代性がちぐはぐで、昭和ライダーのテイストって、この作品が物語る通り時代遅れ感があって、だから平成ライダーはいまのようになっているのかなという証左というか。いろいろもどかしい。でも最高!
読了日:03月15日 監督:長石 多可男

セーラー服と機関銃 -卒業-セーラー服と機関銃 -卒業-
橋本環奈の橋本環奈による橋本環奈のための映画。かわいい。
読了日:03月08日 監督:前田弘二

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム
地上波初放送。画面が明るくなっていた気がします。海底シーンもよくみえてよかったです。パート2は監督交代のようなんですが、日本でもヒットして欲しいです!
読了日:03月05日 監督:ギレルモ・デル・トロ

バックドラフト [DVD]バックドラフト [DVD]
アクション映画でもあるのにヒューマンドラマ感で押してもみえるロン・ハワード力ってほんと昔からすごいですな。
読了日:03月02日 監督:ロン・ハワード

デジャヴ [DVD]デジャヴ [DVD]
過去を積極的に変えちゃう正義の男。タイムパラドックスを引き起こす重大性よりも一人の女性とフェリーのひとたちの命を救ったという話。たしかにそれは良いんだけれど、本当に良いの?という「その場よければすべてよし」感が作品の美学なんだとしたら、そこは文句言ってはいかんところなんでしょうけれど、という感じ。2度目なのでアレレ感は減ったものの、必要以上に交差点での出会い頭の自動車事故が多いような気がしました。
読了日:03月02日 監督:トニー・スコット

トレーニング デイ 特別版 [DVD]トレーニング デイ 特別版 [DVD]
トレーニング・デイみたいな映画を企画してデンゼル・ワシントンが出演して一本映画作っちゃうアメリカって、なんというか、いろんな底力というか、映画が産業なんだなって感じるというか。なんかすごかったです。
読了日:03月01日 監督:アントニー・フュークワー

劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日<2枚組> [DVD]劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日<2枚組> [DVD]
何度でも映画化していただきたいです!
読了日:02月28日 監督:中尾浩之

オデッセイオデッセイ
NASAモノ映画の良いところは「バカがいて、そいつの失敗が主人公をたいへんな状況に追い込む」という、お約束のイライラがないこと。この映画の気持ちよさはそこにあるかなと。あと、アポロ13と対比しながら見ちゃうわけですが、音楽の使い方や台詞まわしでこうもテイストが変わるのかと感心しきり。未来に起こる史実としての記録映画的感動もちゃんとありました。リドリー・スコット、大丈夫だったんだなと、プロメテウスでオヨヨ感もあったので安心したというか。
読了日:02月12日 監督:リドリー・スコット

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]
こんなに良く出来た腹の立つ映画はそうそうなくて、出だしの鉢植えからバチカン(かな?)のシーンまでの牽引力もすごけりゃラストのあれは過去の歴史への偉大なリスペクトに満ちていてズルさを通り越して感動してしまうわけで、映画というのは本当にずるいなと。
読了日:02月08日 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

ラッシュ/プライドと友情 [DVD]ラッシュ/プライドと友情 [DVD]
徹頭徹尾、終始格好良い映画。F1で、フェラーリでマクラーレンでロータスで、タイレルも6輪だし、消しゴムをBOXYのボールペンのバネを強化して学校の机の上でレースしていた少年時代にグイグイ引き込まれちゃうという懐かし成分を差し引いたら結構地味目なお話しかもしれませんが、差し引けないので想い出フィルダーで3倍増しのカッコよさと、大人になってからわかる悲喜こもごものダブルパンチで感動しました。
読了日:02月05日 監督:ロン・ハワード

白鯨との闘い白鯨との闘い
頼りになりそうなハリウッド俳優ベスト3!に選ばれそうなクリス・ヘムズワースが、やっぱり頼りになる男で格好良い。というような映画でもないんですが、遭難してアレを食べちゃうというシチュエーションは、今となってはドッキリポイントでもなくなってきているという時間が産んだナイスな設定の鈍化現象が起こっているのがいささかパンチ力にかける気はしたんですが、それでも、さすがロン・ハワード監督。重厚にまとめあげたと思います。
読了日:01月27日 監督:ロン・ハワード

ブリッジ・オブ・スパイブリッジ・オブ・スパイ
静のダイナミックさを見せてくれる映画好きとしてはなかなかの傑作だと思いました。実直な男が実直に働くという映画。ジムの行いは英雄として讃えられるけれど本当にアベルを幸せにしたのかどうかという部分が、そのあとのジムの英雄的活躍の根底にあるのかなという気もします。釣りから帰宅したシーンの家族の反応はグッときました。
読了日:01月16日 監督:スティーヴン・スピルバーグ

鑑賞メーター
関連記事
いろんな容器に「プラ」のリサイクルマークが付いているとワクワクして捨てられない!
そんな模型クラスタの方、いらっしゃいますよね。
わたしもそうなんです。

でも、プラマークとはいっても、実際はPP(ポリプロピレン)だったり、PE(ポリエチレン)だったり。市販の一般的な模型用接着剤はPS(ポリスチレン=スチロール樹脂)用なので、先述のものも最近はいろんな近代的な超接着剤とかプライマーとかあるわけですが、やはり、PSなのが手っ取り早いわけです。

わたしがよく使うのは、食パンとかについているアレ。
正式名称「バッククロージャー」。
厚さもだいたい0.7mmですし、なんたって、毎日朝食にトーストを食べると自動的に溜まっていくので在庫は潤沢です。

材質として硬さというか柔らかさも、大きさもガンプラのようなプレモデルのディテールアップなどの模型工作にはもってこいです。
バッククロージャーについては有名なので、いまさら取り上げるのもおこがましいくらいなのですが、最近、また、新たな商品を発見しました。こんどのオプションは胃腸の健康です!

プチダノン。ヨーグルトです。
スーパーやコンビニで入手できるポピュラーなヨーグルトのひとつ。
http://www.danone.co.jp/products/

我が家では、プチダノンのダノンビオを結構購入しています。
ダノンビオ 脂肪0 プレーン・加糖4P 6パック
ダノン
売り上げランキング: 178,437

余談ですが、プレーンにいろんなジャムを混ぜて食べると美味しいです。
それを凍らせればオリジナルフローズンヨーグルトの出来上がり。

そのダノンビオ。どうやら容器がPSっぽいなと思って早速試してみました。
厚さをデジタルノギスで計測すると0.1mm。見事に接着できました。
ダノンビオ プラ板

接着に使ったのは、タミヤの流し込み用速乾。


接着にあたっては、表面はラベルが貼ってあった都合で、糊がついています。こういうラベル系の糊の跡は、エナメル系溶剤をティシューペーパーにつけて拭き取れば問題ありません。ティシューペーパーの代わりに毛羽立ちづらいキムワイプのほうがお薦めです。

タミヤカラー エナメル X-20 溶剤大びん
田宮模型
売り上げランキング: 5,112
日本製紙クレシア キムワイプ S-200 mini 62015 6個入
日本製紙クレシア (2013-10-04)
売り上げランキング: 538

ただし、もとがもとの形状なので、表面積は小さいですし、少々湾曲していますし、表面も細かな凹凸があります。
なので、使う場所に向き不向きはあるでしょう。

毎日、ダノンビオを食べているからといって、糊を拭いたり、湾曲のクセを気にしたりするよりは、最初からタミヤのプラペーパーを使ったほうが効率的だ!という方は、そっちでも良いでしょう。ようは、PS素材を間接的に楽しく入手できる一例ということで考えてみれば良いかなと。



きっと、他にも世の中にはナイスなPS容器があると思うので、どんどんチャレンジしてみたいと思います!


関連記事
ジーヴァイド試聴会フライヤー04 A4 s 
昨日12月3日に開催したRMR作品試聴会~オリジナルロボットアクション音声劇を映画の試写会場で聴く!3~が無事に、そして大成功となり終了いたしました。

当日用にフライヤーや特典カードも作成させていただき、また、監督の古池が編集中に使用した収録用台本と、昨年10月頃に記述した最も初期の制作メモ等の簡易な展示もさせていただきました。なかでも、配布のアンケート用紙には、関係者やゲストの如何にかかわらず、イベント内容のアイディアも含め、率直に細かな点まで言及したコメントを数多く賜りました。今後のRMRにとって、このアンケートは宝です。
試聴会受付 

また、予定していた通り、作中での、とあるシーンの収録を参加者全員にご協力いただき収録をさせていただきました。TTC試写室の席の配置ならではの奥行きのある、良い音像が録れたと思います。

このシーンに参加いただいたゲストの皆様のお名前は、後日、特設サイトのキャスト項にスペシャルサンクスとして記述させていただきます。

そのシーンを現状の音源に挿入し、若干の調整点を感じた箇所を修正し入稿ののち、「超鬼兵ジーヴァイド」の初頒布は2017年2月12日(日) 東京ビッグサイトで開催のコミティア119を予定しております。

サークル名は、わたくしが尊敬する音声劇サークル「Spiral Spirit」さんと合体しての参加申請を済ませています。

RMRのオリジナルロボットアクションオーディオドラマ第9弾「超鬼兵ジーヴァイド」を、少しでも多くの方のお耳にお届けできたら幸いです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

/RMR代表 古池真透

***************************
ジーヴァイド400 
超鬼兵ジーヴァイド特設サイト
http://www1.ttcn.ne.jp/~rmr/zv/


関連記事
必殺の推薦コーナー!
プロフィール

ふるいけ

Author:ふるいけ
オリジナルロボットストーリーを軸とした創作集団「RMR」の管理人。映画、音楽全般、カラオケ、物語創作、作詞作曲、舞台観劇と節操なしに思ったことを書き綴ってます。合言葉は「打倒ガンダム、復活イデオン!」。

最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
Twitter
pixiv
ご来訪者様
リンク
RSSフィード